HOME > About Us > 会社沿革

社長挨拶会社概要 < > グループ企業ネットワークリクルート教育体系

沿革

当社は前会長・榊修吾が戦後故郷の青森で電気工事業を創業したのが始まりです。
昭和26年、「熱誠」(熱意と誠意)を社是に掲げて電材卸業東和電材を開業、青森の町づくりに電設資材を供給することで発展を遂げました。

昭和40年からは配・分電盤の製造を開始し、これを主力商品として東北地方はもとより首都圏への販売にも力を入れ、昭和48年には東和電機工業株式会社を設立、経営環境の整備や技術の研鑽を積みながら実績を上げ、関連各社とともに東和グループとして成長してきました。

高度情報化が進み新しい産業も出てきている中で平成13年、東和電機工業本社、青森工場の完成を機に、東和製作所・東和システムエンジニアリングを吸収合併し競争力をつけ、お客さまのニーズにすばやく対応できる新しい時代の企業を目指して生まれ変わりました。

 

 1964年(昭和39年)  東和電材(株)弘前工場として、配・分電盤工場建設着手。
 1965年(昭和40年)  東和電材弘前工場竣工。配・分電盤製造を開始。
 1966年(昭和41年)  秋田出張所開設。
 1967年(昭和42年)  仙台営業所開設・東京出張所開設。
 1969年(昭和44年)  盛岡営業所開設。工場敷地内に社員厚生福祉会館落成。
 1970年(昭和45年)  キュービクル工場新築。
 1971年(昭和46年)  埼玉県に検査工場を建設。
 1973年(昭和48年)  事業拡大に伴い、弘前工場を東和電材(株)より、
 分離・独立し東和電機工業(株)を設立。(販売は東和電材(株)とする)
 1974年(昭和49年)  東和電材(株)郡山営業所開設。
 東和電機工業(株)弘前工場に新組立工場竣工。
 1975年(昭和50年)  東和電材(株)福島営業所開設。東和電機工業(株)弘前工場
 東和電機工業(株)弘前工場管理棟竣工。
 1978年(昭和53年)  東和電材(株)埼玉営業所開設。
 1979年(昭和54年)  東和電材(株)川越営業所、浦和営業所開設。
 東和電機工業(株)弘前工場に新鋭塗装工場を建設、稼動。
 1980年(昭和55年)  東和電機工業(株)弘前工場板金工場に、新鋭NC機を導入、稼動。
 1982年(昭和57年)  CAD-CAMシステムを導入。
 東和電機工業(株)埼玉工場竣工、稼動。
 1984年(昭和59年)  事業拡大に伴い、省エネ部門を分離独立し、
 東和システムエンジニアリング(株)を設立。
 1985年(昭和60年)  事業拡大に伴い、板金部門を分離独立し、(株)東和製作所を設立。
 1986年(昭和61年)  関東地区に埼玉技術開発室を設置。
 1987年(昭和62年)  東和電材(株)盛岡営業所、仙台営業所、郡山営業所及び東京支店を
 東和電機工業(株)に移管し、製販一体の体制を敷く。
 1989年(平成元年)  東和電機工業(株)弘前工場にカスタム工場を新設。
 2000年(平成12年)  東和電機工業(株)本社・青森工場建設に着手。
 2001年(平成13年)  (株)東和製作所、東和システムエンジニアリング(株)を吸収合併し、
 新生 東和電機工業(株)としてスタート。
 2005年(平成17年)  エンジニアリング事業部発足

[Sitemap][お問い合わせ][プライバシー・ポリシー]

〒038-1216 青森県南津軽郡藤崎町大字榊字和田88-1  tel: 0172-69-5111  fax: 0172-69-5122
東和電機工業株式会社